普段は専らイフェクサー通販!辛いうつ病から立ち直る私

うつ病の症状と原因

眠れない、食欲がない、からだに痛みがある、だるい、めまいがする、雨が降ると具合が悪い、などの症状がある場合はうつ病の可能性があります。心理症状を代表する食欲、性欲、意欲の低下や憂うつな気分、不眠などが続くだけでなく、様々な身体的自覚症状を併発することもある状態です。脳がうまく働いてくれないので、何に対しても否定的になり、自信も持てなくなってしまいます。そのためいつもなら問題ないストレスも、より苦しく感じるという様態になってしまいます。
投薬治療とともに、認知行動療法も効果があることが判明してきています。早期に治療を開始するほど、回復も早くなるといわれていますので、無理をしないで早期に医師などに相談し、そしてゆっくりと休養をとることが大切になってきます。
明確な原因はまだ判明していないのですが、脳の働きに何らかの問題が起きると発症するとされています。大切なのは、単一の原因のみで発症する病気ではないということです。
また、過度なストレスが要因となって発症することもあると考えられています。様々なストレスのうちでよくあるのは「人間関係によるストレス」と「環境の変化によるストレス」です。例えば「親しい人の死」や「リストラ」などのマイナスな出来事だけでなく、「昇進」や「結婚」、「出産」といった一般的にはプラスと捉える出来事から発症することもあります。また、几帳面で真面目な性格な人は発症しやすいようです。

うつ病患者に対して処方される薬を抗うつ剤といいます。
セロトニンやノルアドレナリンなどの「神経伝達物質」の分泌が少ない患者に対して処方されます。
抗うつ剤の服用を行うと、神経伝達物質の分泌量が増加されるので、症状の改善が見込まれます。
ただし、飲み始めてから徐々に効果が表れるので継続して飲み続けなければなりません。すぐに効果が出るものではないので、早く効果を得たいと考えるあまりに決められた量より多めに服用したくなってしまうこともあります。ただし、多量接種を行うと強い副作用がでてしまう可能性がある為、医師指示のもと、決められた用量を守って服用することが大切になります。
また、サプリメントやハーブティー等と併用すると相互作用により副作用が強く表れることもあります。特に海外製は病院で処方されるほど強い効き目のものもあるので、併用する際は、必ず医師に相談する必要がある。